ボランティア

災害ボランティアに参加する時に気をつけること【初心者必見】

地震や台風などの自然災害が起こった時に、被災地で様々な活動を行うのが「災害ボランティア」ですが、活動に参加するにはどうしたらいいのかご存知ですか?

この記事では災害ボランティアへの参加方法や、気を付けることなどをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

災害ボランティアに参加する方法は?

災害が起こった時には、被災地の社会福祉協議会が中心になり「災害ボランティアセンター」が開設されます。

「災害ボランティアセンター」とは被災地でのボランティア活動を円滑に進めるための拠点のことです。

 

被災者がどんなことを必要としているかを把握して、個人ボランティアと繋げる役割を持っていますので、災害ボランティアに参加するにはまず「災害ボランティアセンター」に登録することが必要になります。

登録後は、様々な準備をしたうえで、出発前のオリエンテーションを受け、バス等で活動現場へ移動します。

そして、実際に被災地での活動を行うという流れになります。

 

災害ボランティアで気を付けることって?

災害が起こった時にまず行うべきことは「正確な情報の収集」です。

すぐに被災地へ駆けつけたいと思う方もいると思いますが、被災地でボランティアの受け入れ体制が整っていない場合は、駆けつけたことがかえって迷惑になってしまうこともあります。

まずは被災地の状況をしっかりと確認し、被災地に負担をかけないように準備を整えましょう。

 

災害の種類や活動を行う季節によって、必要な持ち物や服装が変わってきます。

外で行う活動であれば長靴手袋防塵マスクなどが必要ですし、暑い季節であれば水分を多めに確保しておくことが大切です。

ボランティアをどのような場所で行うのか・どんな気温であるかなどをしっかりと把握してから活動に参加しましょう。

 

また、食事や宿泊先、交通手段の確保などを事前にしておくことも必要です。

ボランティア活動中に事故にあうことも想定されますので、ボランティア保険への加入も忘れずにしておきましょう。

保険加入には社会福祉協議会への登録が必要になります。

自分が住んでいる地域の社会福祉協議会に確認を行い、ボランティア活動に出発するまでに加入手続きを済ませておきましょう。

 

災害ボランティアでの3つの心得!

被災者への心配りを忘れないこと

元の生活を取り戻したいと願っている被災者を支援するのが災害ボランティアです。

被災者の気持ちに配慮し、何事も自分で判断をせず被災者中心の支援活動を行いましょう。

 

活動中の健康状態に気を付けること

ボランティアが病気や怪我をしてしまうと被災地に迷惑をかけてしまいます。

体調が悪いなと感じたら早めに活動を中断しましょう。

 

暑い季節のボランティア活動では、特に熱中症に気を付けなければなりません。

こまめに水分補給することを心がけ、しっかりと対策を行いましょう。

 

報告・記録をしっかりと行うこと

ボランティア活動が終わった後は、災害ボランティアセンターのスタッフに活動内容の報告を行いましょう。

ボランティアセンターが活動の進捗状況や被災者の様子などを把握することで、その情報が次の活動に繋がっていきます。

 

災害ボランティアは災害直後だけではなく長期的な活動になりますので、その後の活動のためにも報告は忘れずにしっかりと行いましょう。

 

 

災害ボランティアの事例

災害ボランティアの事例としては、一番古い記録で言うと関東大震災でのボランティア活動ですが、災害ボランティアの重要性が広く認識されたのは平成7年1月に発生した阪神・淡路大震災が発生した時でした。

 

阪神・淡路大震災の際には全国から130万人以上もの人が駆けつけ、がれきの除去などのボランティア活動を行なったとされています。

ですが、ほとんどの人がボランティア活動の未経験者だったために、被災者とのトラブルが起きてしまったり、様々な問題が起きてしまうこともありました。

こうした問題を無くすために近年では「災害ボランティアセンター」が設置され、被災者のニーズとボランティアをマッチングすることでボランティア活動を円滑に進めることが出来るようになったのです。

 

近年の災害ボランティア参加人数を紹介すると、

・平成19年7月の新潟県中越沖地震に28300人

・平成21年8月台風第9号発生時に22700人

などと多くのボランティアが活動に参加していることがわかります。

 

平成23年に発生した東北大震災では、個人による参加も多かったために正確な人数は把握されていません。

ですが、震災発生時には岩手・宮城・福島の3県だけでも95万人もの人がボランティア活動に参加したとされています。

 

災害ボランティアの際には、被災家屋のがれき除去や清掃・物資の提供・炊き出し・高齢者世帯への声掛け訪問などが実施され、被災地の状況が落ち着いてきてからは、被災者の交流機会作りなど被災者への心のケアに関する活動も行われました。

 

まとめ

 

災害ボランティアについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

今回は現地でのボランティアについて取り上げましたが、被災地に行きたくても行けないという方も、募金など現地に行かずとも出来る支援はあります。

 

例えば被災地の状況が落ち着いてから観光に行ったり、被災地で生産されたものを購入したりすることも立派な復興支援です。

自分に出来ることを考えて、被災地や被災者の方が1日でも早く元の生活に戻ることが出来るよう支援を行なっていきましょう。

地方自治体と架け橋になるボランティアのご紹介です。地域ブランド化や地場産品の開発プロモーション 交流などのお手伝いです。将来は田舎に帰りたい!地域を盛り上げたいと思う方はぜひ「地域おこし協力隊」に入って日本を盛り上げていきましょう。

あなたも「地域おこし協力隊」として活躍してみませんか?