釣り

釣り用の三脚オススメ5選【釣果が変わる】

釣りに行くからには、やはり目指すは大漁です。

多数ある釣り道具の中でも、三脚は竿を持つことなく釣りができるので、比較的楽に楽しむことができるといえます。

 

持ち運びや、扱いやすさにも長けた三脚は、数や種類も豊富です。

自分のスタイルにあったものを選んで使うことがおすすめです。

 

釣り用の三脚の選び方とは?

三脚は基本的に投げ釣りにおいて定番とされる竿立てです。

しかし三脚にも様々な種類があり、釣りをする場所や、使用したい釣竿の数によって適切なものを選ぶことが先決です。

たとえば、地面が柔らかいか硬いかでも変わってきます。

 

地面が土ならば、地面に刺すタイプのものを選ぶと抜けにくくオススメです。

また、ロッドホルダーという堤防や防波堤、磯など場所を選ばずに使える、置くタイプのものを選ぶと、自分の好きなスポットで釣りが楽しめます。

この置くタイプのものは、折りたたみ式でコンパクトなものが多いため、初心者はもちろん長距離の移動が必要な方にもオススメです。

 

さらに、強風にも安心して耐えられるような安定感を求める方には、固定タイプのものがオススメです。

釣り場の堤防などに、フェンスが設置されている場合、マジックテープで止めたり、クーラーボックスに設置できたりするものもあります。

 

大きく分けて三つ紹介しましたが、自分のよく行く、もしくは目をつけている釣り場がどのような環境なのかをよく考えて、実際に使いやすそうなものを吟味し、比較することが大切です。

 

今回の記事では、置くタイプの三脚を中心に、これら三種類の三脚に絞ってオススメの商品を紹介していきます。

 

 

釣りでオススメの三脚【サーフスタンド750(ダイワ)】

持ち運びにも便利な軽量のアルミアームを材料に使っているにも関わらず、上部が細くて下部が太い形状で、重心が下になる構造のため、安定感がありオススメの置くタイプの三脚です。

竿の角度によってアームの角度を変えられたり、収納時に三本の脚をまとめることができるホルダーがついていたりと盛りだくさんの一品です。

 

簡易な高さ調整機能や、砂対策もなされているので、初心者にも上級者にもオススメです。

強風が来ても耐えられる、しっかりとした重心ももちろん、目を惹くデザインも魅力の一つです。


 

釣りでオススメの三脚【サーフ三脚 レバー式DX(第一精工)】

釣り道具でも安定と信頼の第一精工が手掛ける、置くタイプのサーフ三脚です。

特許蝶番なので抜群の安定力がウリです。

 

ロッドホルダーを自作する方にもおすすめなので、こだわりのある方はチェック必須です。

もちろん、釣り初心者でも安定した投げ釣りが楽しめる三脚です。

持ち運びもラクラクです。

 

お値段もお手頃価格となっています。

大きさ長さが異なるものが3種類あるので、好みのものを使うことができます。


 

釣りでオススメの三脚【モンスタースタンド三脚/UlTiMa(アルテマ)】

 

1kg越えと、少し重くなりますが、錆びにくいステンレス製で作られた、対大物用の三脚もあります。

コロダイなどの俗に言う大物がヒットした時にも倒れないよう、十分な荷重でしっかり釣れます。

 

重りでしっかり固定することで、さらに成功率はアップします。

伸長は65~110cmと対応は幅広く、アームの設置方法も簡単です。

凸凹のある地面でも固定できるという万能さも必見です。

これを持って釣りをして大物を捕らえたならば、釣り仲間との話題も広がること間違いなしです。


 

釣りでオススメの三脚【CPキーパー(ダイワ)】

 

先程も紹介したダイワから、クーラーボックスに取り付けるタイプの三脚が出ています。

基本的に釣り用のクーラーボックスはとても重くなるので、いい感じの重り代わりになります。

 

そこにコンパクトに取り付けてしまえばコスパも良し、楽といった意味でも良しです。

場所を取らないという点でも、マナーとモラルを守った楽しい釣りに繋がります。


 

釣りでオススメの三脚【サンドポール(第一精工)】

 

こちらも第一精工が手掛けた、地面に刺すタイプの三脚です。

このサンドポールは砂浜に取り付けるものですが、非常にコンパクトで使い勝手が良いです。

 

様々な大きさがあるこちらの三脚ですが、どれも使いやすい長さまで楽に調節することができます。

砂浜での釣りだと、ヒラメなどが釣れます。

 

普段使わないという方も、新しい発見をすることができます。

収縮可能なので持ち運びも簡単で、手が伸びやすいです。


 

まとめ

 

今回、三種類に絞ってご紹介しましたが、他にもペットボトルの蓋を使った、斬新なデザインのものや、ショルダーケース型のものもあります。

釣りは場所だけでなく、気温や天風の強さなどの天候にも影響され、その日によってコンディションが異なります。

 

また、どのような体制で釣りを楽しみたいのかも日によって違うはずです。

そのようなさまざまな用途に合わせて、三脚もバリエーション豊富に揃えてあります。

 

いつも同じ三脚を使用するのもよいですが、場面にあったものを用いた方が確実に釣果も変わります。

周りに迷惑をかけず、されど妥協もしない。

三脚はそんなワガママにもしっかり対応できる釣り道具です。

体制を整えて臨む今後の釣りでは、自分に合った三脚を選んで最高の時間を楽しめるはずです!

自分だけの釣り具を!そんな夢を叶えたフィッシングカスタムパーツ専門店。初心者も上級者も世界で1つの釣り竿で始めませんか?

HEDGEHOG STUDIO・Avail・ZPIなど各種カスタムパーツが勢揃い!