釣り

釣り(サビキ)で確実に釣れる方法【初心者必見】

サビキとは、釣りに使う仕掛け・サビキ針の略称です。

そのサビキ針で疑似餌針を作り、カゴにいくつも取り付けます。

 

そして、まきエサとしてアミエビを入れて、カゴを連結させて釣りをする方法です。

竿をシャクって仕掛けを引くことを「さびく」ということから、名前が付いたとされています。

 

アジやイワシ、サバなど群れで回遊している魚をターゲットとした釣り方法です。

今回はそんなサビキについてご紹介していきます。

 

 

サビキ釣りの仕方

サビキ釣りの手順は簡単に以下の順番です。

①アミエビをカゴに入れて水中に落とします。

 

釣具店のエサコーナーに行くと、冷凍されているものや、常温タイプのものが多く出回っています。

エサ入れる量ですが、カゴにいっぱいいっぱい入れてしまうと、カゴから出ていかなくなるので、カゴの容量の8割くらいに留めておきましょう。

 

②網が着底すれば、竿を上下に動かして配合したエサを出して入れ、竿を少し止めて魚がアタッてくるを待ちます。

 

魚が「アタる」とは、餌に食いつくことを指します。

仕掛けが底に付いてしまうと、糸が出なくなってしまい糸がゆるんでいきます。

ベールを戻して、糸が張っている状態まで巻き戻しましょう。

 

③アタリがなかったら再度、配合したエサを出してアタリが来るまで待ちます。

 

待っているときに、竿先を軽くあおるなどの誘いは基本的にやらなくて大丈夫です。

じっくりと待ちましょう。

 

④魚がアタッてくれば、竿を立ててリールを巻いていきます。

 

アタリの感覚ですが、「コンコン」「プルプル」といった感覚で伝わることが多いです。

魚が一匹仕掛けにかかってくれると、仕掛けが揺れます。

 

これが他の魚への「誘い」となって、残りの針にも魚が食いついてくる可能性が高くなります。

釣り用語では「追い食いさせる」などと言います。

 

サビキ釣りをする上でのポイントは以下の通りです。

・リール付きの竿ならどんな種類でも大丈夫ですが、竿の長さが3m前後の波止竿が扱いやすいです。

・釣具店には、初めから仕掛けまで全てセットされているサビキ竿というものが売っていますので、サビキ釣り初心者はそれを購入したほうがやりやすいです。

・エサは主にアミエビを使います。

・狙う場所は底周辺が基本的にはいいが、魚たちの動きや食い気などの活動力が上がってくると水上のほうに浮いてくるので、状況を見て底まで下ろすか途中で留めておくか判断します。

 

サビキ釣りの時期

サビキ釣りをする時期ですが、シーズンは主に春から秋までとなっています。

しかし、他の季節でも魚たちが回遊してくれると釣れる事がありますので、あまり季節を選ばないで釣る方法でもあります。

 

回遊にも魚によってバラつきがありますので、その時釣れている魚の情報を、釣り具や釣り餌店で手に入れてから狙うようにするのがオススメです。

サビキ釣りの一番良い季節は、5月のGW頃、とよく言われています。

また1日の中にも釣れる時間帯釣れない時間帯があります。

 

1日中のんびり釣りを楽しみたいのであれば、あまり時間帯は気にする必要はないかもしれません。

しかし時間を区切って、効率よく多くの魚たちを釣りたいのでしたら、1日の中でタイミングを計って釣る方がたくさん釣ることができます。

 

朝マズメや夕マズメがおすすめ!

 

一般的には朝マズメと言って、夜が明けて明るくなり始めた時刻から、日の出までの時間です。

時刻でしたらだいたい午前4時から午前5時くらいが該当します。

もうひとつが夕マズメと言い、だいたい午後5時から午後7時くらい日の出前ぐらいの時刻です。

 

日が昇る前に釣りをしている人を見たことはありませんか。

それは、朝マズメを狙っている為です。

この2つの時間帯が、一般的に良く釣れると言われる時間帯になります。

 

サビキ釣りの【場所】

サビキ釣りの場所ですが、潮通しが良い先端の部分や、角の部分を選んでおきましょう。

また防波堤や堤防、波止の釣り場からサビキ釣りをする場合は、潮通しが良いところがサビキ釣りの狙い目のポイントになるので、そういう場所を優先して選んで確保すると、釣果がアップします。

 

また昼と夜では条件が変わりますので、注意しましょう。

夜は暗いため、プランクトンの光に集まるという習性を利用します。

海面に光が当たって周囲が明るくなっているポイントで、サビキ釣りをするようにします。

 

するとプランクトンを捕食しようと集まってきたアジやサバ、イワシの群れが回遊してくる確率がアップします。

釣るための場所のポイントは、自然の摂理で食物連鎖がおこる場所がポイントになることが多いです。

夜にサビキ釣りをする場合、常夜灯の光が海面に当たっている場所を選んだ方が有利になりますが、暗い場所、明るい場所問わずに釣ることができます。

 

まとめ

 

サビキ釣りは初心者でもとっつきやすい釣り方です。

一度試しにやってみてはいかがでしょうか。

 

意外とコツを簡単につかむことができるかもしれません。

楽しい釣りライフにするためにも、色々な釣り方を学んでいきましょう。

冬のアウトドアや釣りには必需品!まだダウンジャケットを着てるの?今年からは【充電式ヒーター付きベスト】が熱い!手袋やくつ下まであり、一度使ったらやみつきです。

充電式電熱ヒーター付きベスト「ぬくさに首ったけ」