車のライトの黄ばみの取り方【セルフで簡単にできる】

同じ車を長く乗り続けていくと、どうしても避けきれないのが、ヘッドライトの黄ばみだと思います。

車はマメに洗車しているけど、ヘッドライトだけは、ボディと同じように洗っても、黄ばんでしまう・・・。

 

そんな悩みをお持ちの方は、多いはず。

わざわざ業者に頼むほどのことでもないし、かといって自分でやったこともない。

今回は、そんな方の為にヘッドライトの黄ばみを取る簡単な方法を、ご紹介していきます。

 

車のライトが黄ばむ原因とは?

ヘッドライトが黄ばむ原因は紫外線です。

太陽からの紫外線を受けることにより、素材が化学反応を起こし、つまり劣化し、年月を重ねるうちに黄ばんできます

昔の車では、ヘッドライトの黄ばみという現象が、ありませんでした。

なぜ昔の車は黄ばまないのに、今の車は黄ばむのかというと、ヘッドライトに使用される素材が変わったからです。

昔は、ガラスを使用していたヘッドライトですが、小石などで割れるなど、不都合が多かった為、今は別の素材に変更されました。

 

そもそもヘッドライトは、どんな素材で作られているのかご存じでしょうか。

ガラスじゃないの?と思っている方もいるかもしれませんが、実は「ポリカーボネート」という樹脂でできています。

初めて聞く素材だと思いますので、ポリカーボネートについて少しご説明しましょう。

 

車のヘッドライトに使用されているポリカーボネートとは?

 

ポリカーボネートとは、プラスチックの一種です。

しかし、プラスチックの中でも、最強の強度を誇り、耐衝撃性に関してはとてもすぐれた素材になります。

車のヘッドライトの他にも、スマートフォンの本体や、ケースなどにも使われているとても利便性の高い素材。

そんなポリカーボネートの強度は、なんとガラスの約250倍にもなります。

 

強度の高い特性を活かし、飛行機のコクピットの窓や、新幹線の窓にも使用されるほどです。

しかし、どんなに強度が高い素材でも、劣化にはかないません。

ポリカーボネートは、紫外線をすべて吸収してしまう為、どうしても紫外線と化学反応を起こし、劣化が始まってしまいます。

 

車を青空駐車されている方が多い中、紫外線が黄ばみの原因とは、なんとも悲しい事実です。

しかし、劣化したヘッドライトを復活させる方法があります。

 

車のライトが黄ばんだら磨いて復活させよう!「業者とセルフ比較」

ヘッドライトの劣化がひどくなると、光量が落ち、車検に通らない可能性があります。

また、暗いライトだと、夜の道はかなり怖いものになるでしょう。

雨の日などは最悪ですよね。

 

事故にもつながるヘッドライトの黄ばみ。

そんなヘッドライトの黄ばみを取る方法として、ヘッドライト磨きがあります。

具体的な方法は後述するとして、ヘッドライト磨きを業者に頼んだ時と、DIYで行った時の違いをご紹介します。

 

ヘッドライト磨きを自分で行った場合

 

自分でヘッドライト磨きをする際、必要な物は

・耐水ペーパー(1000番、1500番、2000番)

・コンパウンド

・雑巾

・マスキングテープ

最低限必要なアイテムはこの3つです。

本格的にキレイにしたい方は、ポリッシャーを購入しましょう。

手作業の数倍早く、キレイに仕上げることができます。

そして根気時間も必須です!

 

値段的には、全部合わせても2000円かからないくらいではないでしょうか。

しかし、ヘッドライト磨きは、黄ばみ具合にもよりますが、1時間ほどでできるものではありません。

 

余裕を持って、数時間は作業ができる状態にしておいてください。

中途半端に作業を終えてしまうと、傷が付き余計に汚くなってしまうので、最後までしっかりとやりきるようにしましょう。

この作業時間をもったいないと思うか、どうかは個人差があるので何とも言えませんが、結構地味で辛い作業になることは覚悟しておきましょう。

 

DIYでヘッドライト磨きを行うメリットや、デメリットをまとめると、このようになります。

・費用が安い

・時間がかかる

・素人なので失敗の可能性もある

 





ヘッドライト磨きを業者に頼んだ場合

 

実は、ヘッドライト磨きは結構どこでもやっています。

ディーラーでも車検作業で、ヘッドライト磨きがありますし、別料金を払えばヘッドライト磨き単体で作業を行います。

 

値段に関しては、依頼する業者により、かなり差があると思いますが、約4000円前後です。

コーティングなども行い、念入りにヘッドライト磨きをしてもらいたい場合は、もっと高い価格になる場合もあります。

 

そして業者に頼めば、失敗はありません。

業者はポリッシャーを持っている為、作業もかなり早く終わります。


ヘッドライト磨きを業者に頼んだ際の、メリットやデメリットは以下の通りです。

DIYよりも費用がかかる

・失敗がない

・早く終わる

 

どちらもメリットやデメリットがあるので、自分の好きな方を選びましょう。

一度自分でやってみて、失敗したら業者に頼んでみるというのも一つの選択肢です。

 

車のライトが黄ばんだら自分でやってみよう
黄ばみとりのやり方」

ヘッドライト磨きは結構簡単です。

必要な物は先ほどお伝えしたので、省略しますが、後はひたすら磨いていくだけです。

順を追って説明していきましょう。

 

①ヘッドライトを洗う

 

ヘッドライトがきれいな状態でないと、キレイに磨くことはできません。

最近あんまり走ってないし、キレイだろうと思っていても、実は小石が付いていたりします。

 

その上から磨いてしまうと、傷ができ、深い傷なら取る事さえ難しくなってしまいます。

 

②マスキングテープを貼る

 

今回はあくまでヘッドライトだけを磨くので、ボディの境目などにしっかりとマスキングテープを貼っておきましょう。

ボディに傷をつけてしまっては大変です。

 

③耐水サンドペーパーで研磨する

 

まずは一番荒い、1000番から研磨していきましょう。

しっかりと水に漬け、念入りに研磨していきます。

耐水サンドペーパーとは、紙やすりのことです。

番号が振られてあり、大きな番号になるにつれ細かく、小さな番号になるにつれ荒いサンドペーパーとなります。

 

だんだんサンドペーパーにつけた水が、黄色くなってくるはずです。

この部分で大まかな黄ばみを取ってしまうので、黄ばみが取れるまでしっかりと行います。

1000番が終われば次は1500番、2000番と番手をあげていきます。

 

④コンパウンドで研磨

 

コンパウントは仕上げです。

こちらもできれば、細目や極細などの荒さがあるので、粗目から始め極細へと段階を踏んで研磨すれば、とてもきれいに仕上げることができます。

 

この部分で、ヘッドライトがキレイになるかどうかが分かれてきます。

やりすぎだと思うくらいで丁度いいです。

そのくらいの気持ちでしっかりと行いましょう。

 

コンパウンドで仕上げが終われば、ヘッドライト磨き終了です。

頑張った分だけ、ヘッドライトがきれいになっている事でしょう。

 

 

車のライトの黄ばみを防ぐためにオススメな方法3選

ここまでヘッドライトの黄ばみの取り方について、ご紹介してきましたが、そもそもヘッドライトが黄ばまなければ、そこんな事しなくてもいいですよね。

ヘッドライトの黄ばみが取れるとは言っても、研磨とは、表面を削っているに過ぎません。

 

できればキレイなままでいたいはず!

そこで、ヘッドライトの黄ばみを防ぐ方法を、いくつかご紹介します。

 

コーティング

 

ボディコーティングをされている方は多いと思いますが、ヘッドライトにもコーティングが存在ます。

そのコーティングを行うことにより、紫外線からヘッドライトを守ってくれます。

 

カーショップなどに行けば、いろんな種類が置いてあるので、自分に合った物を探してみましょう。

 

保護フィルムを貼る

 

ヘッドライトに貼る用の、保護フィルムです。

値段も安い物から、高いものまで様々なので、不安な方は安い物からチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

 

カバーをかける

 

ヘッドライの黄ばみの原因は紫外線です。

車用のカバーをかける、もしくは車庫などのような室内に入れておくのも効果的。

紫外線だけではなく、汚れからも守ってくれるのは嬉しいですね。

 

まとめ

 

今回は、ヘッドライトの黄ばみを取る方法や、業者との比較をご紹介しました。

ヘッドライトの黄ばみの原因は、紫外線であり、自分で磨こうと思えば費用はかなり抑えることができますが、とても重労働になります。

 

それに対し業者に任すことで、お金はかかりますが、失敗がなく作業もはやいです。

どちらにするのかは、あなた次第。

 

ひとつだけ言えることは、ヘッドライトの黄ばみをDIYで行う為に大切なことは、忍耐だということです。

手で研磨するということは、思っている以上に大変で、ずっと同じ動きをしなければならず、腕がパンパンになります。

 

そういったことも考慮し、後悔しない方法を選んでください。

キレイなボディ、キレイなヘッドライトでドライブを楽しんでいきましょう!