釣り

釣りでオススメの小物5選【初心者必見】

釣りを始めて間もない頃は道具もあまり揃っておらず、最低限の道具だけの場合もあります。

しかしあると便利な小物は、たくさんあります。

 

釣り用のものなので、専門的な機能が備わっておりとても便利です。

代替品で終わらせるのではなく、一度揃えてみてはいかがでしょうか。

 

釣りでオススメの小物【フィッシングプライヤー】

楽天市場での価格:約1,000円から

有名ブランド:Umibozu(ウミボウズ)、ダイワなど

 

フィッシングプライヤーとは、釣り用のペンチのことです。

知らなかったら知らないで、普通のペンチを使ったり、他の代用品はいくらでもあると思いますが、一度フィッシングプライヤーを使い始めると、その利便性の高さから手放せなくなります。

 

フィッシングプライヤーの使い方は多機能のため、いくつかあります。

ひとつは「ラインカッター」で、ほとんどの製品に付属している機能です。

ただし安価なものですと、切れ味が悪かったりしますので、しっかりとしたものを選びましょう。

 

「ナイフ」「ウロコ取り」が付いている製品もあります。

「ナイフ」は、釣った魚を締めるのに使います。

 

一つ持っていると便利なので、しっかりとしたフィッシングプライヤーを選んで購入しましょう。


釣りでオススメの小物【偏光サングラス】

楽天市場での価格:約2,000円から

有名ブランド:エレッセ

 

水面を見たときに、まぶしいと感じたことはありませんか。

それは、自然光の乱反射によって引き起こされるものであり、あまり目によくありません。

 

しかし一般的なサングラスですと、光量を抑えてくれるだけで、まぶしさを防ぐことができないのです。

偏光サングラスは、レンズの間に乱反射光を、一定方向の光線のみ透過させることができる、特殊なフィルムを挟んでいますので、眩しさを防いでくれます。

 

乱反射光が出やすい釣りでは、偏光サングラスが欠かせなくなってきます。

ただしデメリットもあり、偏光サングラスをかけたままスマートフィンや、カーナビを見ると、画面が見づらくなることがあります。

 

液晶画面にも、偏光サングラスの効果が出るために起こることです。

画面を見るときは外して見るようにしましょう。


釣りでオススメの小物【ペットボトルホルダー】

楽天市場での価格:約1,000円から

有名ブランド:ラプソームドリーム、グーテンなど

 

バックに入りきらなかったり、出し入れするのがめんどくさかったりする時に、重宝する小物です。

ブランド、製造元によってタイプが多くあります。

 

バックルから切り離すことができるタイプがありますので、いちいちカラビナを外さなくても取り出すことができます。

耐久性も高いものが多く、外れる心配も少ないです。

キーリングが一緒になっているタイプもあります。

 

さみやピンオンリール、フィッシュグリップなどを付けておくのに非常に便利です。

安価なものも出回っていますので、いくつか用意していると重宝します。

 


釣りでオススメの小物【クリップウォッチ】

楽天市場での価格:約7,000円から

有名ブランド:Dakota、リトルマジックなど

 

腕時計が、キャスティングの時にひっかかり邪魔になるという方や、装飾品を肌に付けることでできる、日焼け跡や、汗ばみが苦手な方に便利な小物です。

ベルトに通して使用したり、カバンに付けることができるタイプです。

 

コンパス湿度計温度計がついているものもあります。

もちろん夜にも見ることができるように、LEDライトが付いているものがほとんどです。

他にも色々な機能が付いているため、考えているよりも重いかもしれませんが、満足のいく小物になると思います。


釣りでオススメの小物【防水カメラ】

楽天市場での価格:約7,000円から

有名ブランド:ニコン、リコーなど

 

釣りでの魚は勿論のこと、景色を写真に撮りたくなるものです。

ただやはり、釣りは水の上でするものなので、普通のカメラですと、壊れる可能性が高くなってきます。

その点、防水性のカメラですと、多少濡れても壊れることがなく使用することができます。

 

ただし、安いデジカメで防水がついているものを選ぶと、画質が悪いものが多いので、しっかりとした防水カメラをえらぶようにしましょう。

また防水性だからと言って、迂闊に水の中に落とさないようにしましょう。

壊れる可能性があります。


釣りで小物が充実した方がいい理由は?

 

確かに小物がなくても、釣り自体を楽しむことができます。

しかし、小物が充実していると、それ以上に釣りを楽しむことができます。

 

初心者のかたは、最低限の道具を揃えることで精いっぱいかもしれませんが、少し釣りに慣れてきた人はぜひ一度、小物を揃えてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

小物とは言え、安価で買えるものばかりではありません。

 

また安価なものだと、機能がしっかりとしていないものがあります。

予算と相談して小物も揃えていき、今まで以上に楽しい釣りライフを送りましょう。