キャンプ

焚火がもっと楽しくなる!薪割りにおすすめのナタ5選!

キャンプで焚火をもっと楽しみたい!

そんなことを考えている人は、ナタを使った薪割りから始めてみませんか?

 

自分で割った薪から生まれた炎には、もっと愛着がわくはずです。

よりキャンプが楽しくなる、そんな薪割りには欠かせないナタを5つご紹介します!

 

キャンプ用のナタの種類

ナタには刃の大きさにより、大きく2つに分けられます。

ナタの刃の大きさ

 

ナタの使い方は、薪を割るだけではありません。

使用目的に応じて、使い勝手の良い物を選びましょう。

 

1.「剣鉈(けんなた)」

刃が尖っていて、小さな枝を剥いだり細かい作業ができます。

重量も軽いものが多く、ナイフに近い形状のため、魚をさばくことや肉を切ることも可能です。

 

2.「腰鉈(こしなた)」

刃の形が長方形になっている腰鉈は、重量が比較的重いものが多いのも特徴。

その重さを利用することにより、簡単に薪を割ることができます。

 

その上で刃の種類も大きく分けて2つあります。

ナタの刃の種類

 

タイプ別の特徴を覚えておくのも大切です。

 

1.「両刃タイプ」

 

左右両方が刃になっていて、利き手に関わらず使えるのが最大の特徴です。

薪割りの際も、まっすぐに切れ込みを入れることができます。

 

そのため、初心者でも扱いが比較的容易とされています。

しかし、刃を研ぐ際は、両面を研ぐ必要があるので手間が掛かります。

 

2.「片刃タイプ」

 

片方だけが刃になっている片刃は、薄く鋭利で細かい作業に適しています。

扱いには慣れが必要ですが、慣れると非常に便利なタイプです。

 

利き手によって製品を使い分ける必要があるため、万人向けではありませんが、両刃と比べると手入れにかける時間は短めです。

 

キャンプ用のナタを選ぶ時の注意点

ナタは法律上、「その他の刃物」として分類されていますが、所持していても銃刀法違反になることは基本的にありません。

しかし、山やキャンプなど、正当な理由もなく刃渡り5.5センチ以上のナタを持ち歩いていると銃刀法違反になる恐れがあります!

 

ナタは刃物なので、大きさに関わらず、取り扱いには十分に注意をしましょう。

また、使い続けていくと、どんなナタでも切れ味が落ちていきます。

長く使うためにも、砥石で砥ぐことをお忘れなく!

 

冒険倶楽部(BOHKEN CLUB) なたとのこ


 

・全長 約350mm

・刃渡り 約165mm

・重さ 約380g

 

「初めてのナタ選び、失敗したくないなあ・・」そんな方には、評価の高いこちらの腰鉈はいかがでしょうか。

Amazonの「アウトドア用 ナタ 」のカテゴリーにて2019年12月現在、堂々の1位。

 

リーズナブルな値段と実用性が好評を博しています。

全長は約350mmで、重さは380gと軽量のため、初心者や女性にも扱いやすいアイテム

両刃タイプなので、ビギナーの方にオススメです。

 

ユニフレーム つるばみ鉈


 

・全長 約350mm

・刃渡り 約165mm

・重さ 約500g

 

「安定した定番ブランドがほしい!」そんな方にはこちら!

「ユニフレーム」は高品質なキャンピング用品で知られる定番ブランドです。

 

値段は少々張りますが、「長くじっくり使いたい」という方にもピッタリです。

片刃タイプで、全長約350mm、刃渡りは約165mmと、腰鉈としてはベーシックな形と大きさ。

500gと軽すぎないところもポイントで、その重さによりラクに薪を割ることができます。

 

豊国鍛工場 土佐鍛ダマスカス山遊鉈


 

・全長 約320mm

・刃渡り 約180mm

・重さ 約390g

 

「フィールドで楽しく便利に使え、道具としての美しさも兼ね備える」そんなテーマで作られたのがこの剣鉈です。

刃にはダマスカス鋼材が使われていて、それによって刃の表面には、美しい積層模様が現れています。

全長は約320mm、刃渡りは180mm。両刃タイプでもあり、実用性だけでなく、所有欲を満たしてくれるアイテムでもあります。

 

 

藤原産業(FUJIWARA) 千吉金賞 小型石付きエビ鉈 全鋼


 

・全長 約285mm

・刃渡り 約135mm

・重さ 約380g

 

「値段も手ごろで、刃こぼれしにくいものがほしい!」そんな方におすすめなのが、この腰鉈。

 

一番の特徴は、刃の先端についている突起です。

これによって、薪割りの際に刃が地面にあたって欠けてしまうことを防ぐことができます。

両刃タイプで、値段もリーズナブルで、初心者でもお求めやすいのもポイントです。

全長約285mm、刃渡り約135mmと短いので、持ち運びも簡単です。

 

耕作 ツバ付両刃鉈 剣型 210mm


 

・全長 約430mm

・刃渡り 約210mm

・重さ 約540g

 

「本格的な剣鉈がほしい!」そう思っている人におすすめなのが、こちらの剣鉈です。

高価格ではありますが、品質は抜群。

伝統ある製法で、本焼き入りされているため、切れ味も抜群です。

 

両刃タイプで、全長約430mm、刃渡りが約210mmと、今回紹介したナタの中では一番大きいサイズとなっています。

大型なので扱いには注意が必要ですが、玄人好みの一品となっています。

 

取扱いには十分注意して、ナタで楽しいキャンプを楽しもう!

焚火の燃料になる薪割りには欠かせないナタ。

キャンプ場では、薪を販売しているところもあるので、ナタは必ずしも必要とはいえません。

 

しかし、手間をかけて割った薪から出る炎は、もっと温かみと愛着を感じるのではないでしょうか。

薪割りだけでなく、藪を払ったり、種類によっては調理をする際にも使うことができる汎用性の高さも魅力です。

 

一本だけでなく違うタイプも使い分けることができれば、キャンプの楽しみもより倍増することは間違いないでしょう。

繰り返しになりますが、ナタは立派な刃物です。

理由もなく持ち歩くと銃刀法違反になる恐れもあります。

取扱いには責任を持ちつつ十分に注意した上で、キャンプを楽しみましょう!