車を安く乗るための工夫【激安!永久保存版】

マイカーが欲しい!だけど車って高いし・・・安く乗る為にはどうしたらいいの!?

そんなアナタに車を購入する際、考慮しなくてはならない維持費に関する事や購入のコツ、車を安く乗る為に何をしたら良いのかを紹介します。

 

車を安く乗るには?維持費や購入のコツなど

車を安く乗る為には、まず『自分に適した用途』にあった車を選ぶ事がなにより重要になります。

車には色々なタイプや性能の違いがあり、車の使用目的によって選ぶことをオススメします。

・軽自動車
・コンパクトカー
・セダン
・SUV
・ミニバン/ワゴン

上記にあげたものが、大まかに分けられるタイプになります。

 

子供がいて人も荷物もたくさん乗せたいとなれば、「ミニバン」が適しているし、自分しか乗らないよ!という方であれば「コンパクトカー」などその他を選んでも良いです。

例えば軽自動車は、車格も安く、燃費もよく、税金も安いので金額の面だけで言えば一番安いのは間違いないです。(新車だどコンパクトカーと大差なくなってきています)

ただ、パワー不足であったり、荷室が狭いなどのデメリットがあります。

 

「コンパクトカー」であれば名前の通りコンパクトサイズではありますが、乗用車なので、軽自動車より圧倒的にパワーもあり、かつ燃費もよく車格もお手頃価格で購入できます。

買い物や普段使いの範囲内であれば、「コンパクトカー」がオススメですが、走行性能や乗り心地などの、快適性も追求したいのであれば「セダン」をオススメします。

また、アウトドアでの使用や、雪道などの悪路走行を視野に入れているなら「SUV」が適しています。

 

上記した事を考慮し、車を選ぶ事で自分に合った車を見つける事ができます。

他にもカーリースなどの選択肢もあります。

【ネット型カーリース】車は少しだけしか乗らない人にはカーリースがオススメです。

ネット申し込み限定なので価格が他社より安く、月額定額で全国どこでも納車可能です。

税金込みでこの定額プランは安いのでチェックしてみてください。

マイカー賃貸カルモ

車を安く乗る為の工夫(購入編)

まず、新車は車格が高いです。

それに比べ、中古車はかなりお手頃価格で購入する事ができます。

ですが中古車は、購入後の不具合や、故障が多く生じる事が予想されます。

故障などが生じると、それを直さなくてはならなくなるので、メンテナンス費用、整備費用がかかってきます。

 

新車であれば車格は高くつきますが、消耗品などのパーツも新品ですので、長い目で見れば、新車の方が1台を長く乗れるので、中古車を乗り換えていくより結果的に安く済みます。

それでも、新車を購入する予算がない!という方は中古車を安く、長く乗るためには、年式が13年以内の車を購入してください。

 

なぜなら、13年を超えると劣化具合が酷かったり、重量税が高くなってしまうからです。

なので、できるだけ新しい年式の車を購入する事を、オススメします。

月々2万円で新型のヴェルファイア、アルファードに乗れます。

外車も多数取り扱いのあるオートリースです。2台目を買おうかと考えている方にもオススメです。

リースナブル

そして、日々の点検を欠かさずおこなうことで、故障などの原因を事前に対処できます。

維持費を最小限の出費で抑える事ができ、車を長持ちさせる事に繋がります。

 

日常点検を欠かさずおこなう事は、新車でも中古車でも、車を長く乗る上でとても大切になってくるので、これだけは自分でも必ずおこなうようにしてください。

そして定期点検にも出す事が大事です。

 

 

車を安く乗る為の工夫(維持費編)

まず車の維持費というのは、大きくわけて

・ガソリン代
・メンテナンス費
・税金
・保険関係
・駐車場代(アパートやマンション暮らしの方)

上記のものになります。

車の維持費を安くするためのコツも踏まえて、それぞれの項目をお伝えしていきます。

 

ガソリン代

 

ガソリン代に関して、車種に限らず言えるのが、『行きつけのガソリンスタンド』をまず決める事です。

ガソリンスタンドは、会員限定でガソリン単価を安くしてくれるサービスがあります。

その会員になって、そのガソリンスタンドで給油する事で、単価が安くなり、ガソリン代を抑える事ができます。

 

あとは普段から、燃費を気にして走行する事が大切になります。

 

メンテナンス費用

 

メンテナンス費用は前述した、こまめに点検をおこない重大な故障に至る前に対策する事で、結果的に出費を抑える事につながります。

 

税金

 

税金の種類として自動車税、自動車重量税、自動車取得税があり、車種、排気量ごとに変わってきます。

軽自動車 :新税率 10,800円 旧税率7,200円(平成27年3月31日までの登録車)
・1L以下 :29,500円 2019年10月1日以降25,000円
・1~1.5L :34,500円 2019年10月1日以降30,500円
・5~2.0L :39,500円 2019年10月1日以降36,000円
・0~2.5L :45,000円 2019年10月1日以降43,500円
・5~3.0L :51,000円 2019年10月1日以降50,000円
・0~3.5L :58,000円 2019年10月1日以降57,000円

※上記の税額は新車登録が2019年9月30日以前の物です。

自動車税は、2019年10月1日から引き下げになっています。

 

排気量が大きくなればなるほど、自動車税は高くなってくので、何も考えずに購入してしまうと、後で高い税金を納めなくてはならなくなります。

安く車に乗りたい方は、できるだけ排気量の少ないものを選ぶと、税金を抑える事ができます。

 

保険料

 

自動車保険は、何を重要視するかによって内容が事なるので、使用目的と自分にあった予算の商品を選ぶようにしましょう。

使わない保険を消していくことで、余計な保険料を支払わずに済みます。

各保険会社の見積もりを比較すると、選びやすくなりおススメです。

 

さいごに

 

ここまで自動車のことについてふれてきましたが、自動車を安く乗る為に、自分の用途と予算ををしっかり把握したうえで、無駄のないように選ぶ事が重要だという事がお分かりいただけましたでしょうか。

これを考慮したうえで、楽しいマイカーライフを送ってください!