ボランティア

茨城でオススメのボランティア5選【徹底解説】

西の富士、東の筑波と称される筑波山や、全国で2番目に大きい湖・霞ヶ浦といった、自然資源が豊かな茨城県。

穏やかな気候にも恵まれ、年間を通して暮らしやすい県でもあります。

 

そんな茨城県には、ボランティアも多種多様あります。

今回はその中でも、オススメのボランティアを紹介していきますね。

 

「日光トレイルランニング実行委員会、大会運営チーム」

 

基本内容:日光の世界遺産・国立公園を舞台にした、山岳競技を通じての地域貢献

活動日程:活動期間は1年以上の長期(随時活動)

活動頻度:週0~1回、月1回のミーティング参加あり、進捗はサテライトミーティングで確認

対象:スポーツが好き、地域貢献の経験を積みたい、地域経済を学びたい

対象年齢:社会人、大学生・専門学生

関連スキル:パンフレット作成

↓公式ホームページ↓

日光トレイルランニング実行委員会

 

 

こちらの活動は、「マウンテンランニング」と言われる、山を走るスポーツを通じての地域貢献が主な内容となります。

地域の特徴を活かしたコース作りや大会運営とし、跡地となった地域資源を再び活用する等、色濃く残っている自然の、新たな魅力を発信する活動も行っています。

 

最近では海外の選手も参加する傾向があり、伸び代のある大会となります。

国際的な視点で、日光から世界大会を作るという目標に向かって活動する団体の、一員となれるこのボランティアは、とてもやりがいのある活動です。

 

「グループホームつくしの森、施設ボランティア」

http://www.ibaraki-welfare.or.jp/より引用

 

基本内容:傾聴、レクリエーション・創作活動、音楽や芸能

活動日程:曜日や時間帯については相談にて決定

活動頻度:相談にて決定

対象:社会福祉に貢献したい、高齢者と交流するのが好き、など

対象年齢:相談にて決定

関連スキル:特になし

↓公式ホームページ↓

茨城県社会福祉協議会

 

主な内容は、施設利用者である高齢者との交流となります。

会話をしたり、一緒にレクリエーションへの参加、歌や舞踊などの芸の披露を楽しんでもらう、といった活動になります。

 

こちらのグループホームは、認知症対応型共同生活介護を提供しており、介護度(要介護状態等区分)が要支援2以上という方が対象の施設です。

定員は18名と、比較的に密な交流が取れる施設です。

 

このボランティアでは、自身の趣味や特技が生かせ、人生の経験者と触れ合うことで多くの学びが得られます。

また、誰かの役に立てるという満足感や、達成感が多いのも、この活動での魅力の1つです。

 

 

「茨城県生涯学習ボランティア総合センター、街ネタものづくり教室」

 

基本内容:親子向けものづくりイベント企画、教材開発、講師・制作指導

活動日程:長期での継続(随時活動)

活動頻度:ホームページに随時記載

対象:子どもが好き、「ものづくり」が好き、電子工作・日曜大工が得意、など

対象年齢:高校生~シニア層まで幅広く、グループでの参加も可能

関連スキル:特になし

↓公式ホームページ↓

茨城県生涯学習ボランティア総合センター

 

こちらのボランティアでは、「ものづくりを介して繋がりのある暮らしを楽しくすること」を目的とした活動となります。

活動場所には、県南つくば市近郊が多く、つくば市六斗の森キャンプ場などで開催しています。

 

近年パソコンやネットなどの普及により、子どもが「ものづくり」をする機会は減少しています。

そんな子ども達に、「ものづくり」の楽しさや、自身の手で完成させる達成感など、貴重な体験となる機会を増やす活動になります。

 

成長する子ども達の教育に関わり、自身の特技を生かせるので、とてもやりがいのあるボランティアの1つです。

 

「茨城県近代美術館、ボランティア活動」

 

基本内容:館内の案内や資料整理、来館者の補助など、美術館内での活動

活動日程:長期の活動期間(随時活動)

活動頻度:複数の「班」があり、各々により異なる

対象:美術に興味がある、雑用など細かい作業も苦ではない、など

対象年齢:相談

関連スキル:特になし(活動にて研修あり)

↓公式ホームページ↓

茨城県近代美術館

 

こちらの美術館は、昭和63年開館当初から、来客者へのサービス向上を図るためボランティアを募集しており、現在では約200名が活躍しているという経歴がある、素晴らしい施設になります。

活動の内容も、「班」ごとに分けられており、誰でも自分に合った場所での活動が可能です。

 

普段、日常的に関わる機会の少ない場所ではありますが、そんな場所だからこそ新しい発見や生きがい、自分にとってのやりがいが見つかるのではないでしょうか。

研修もあるので、安心できるのも特徴的なボランティアになります。

 

「一般財団法人UNITED SPORTS FOUNDTION、スポーツボランティア」

 

基本内容:4種類のスポーツを子どもと一緒に体験

活動日程:2020年1月11日~1月13日

活動頻度:2泊3日での参加が必要(単日参加希望時は相談)

対象:子どもやスポーツに興味がある、他大学や多国籍の仲間をつくりたい、など

対象年齢:原則18歳以上の大学生・専門学生や社会人、3日間参加が可能な人

関連スキル:特になし

↓公式ホームページ↓

UNITED SPORTS FOUNDTION

 

スポーツを通じて子ども達の成長を後押し、どのように工夫をして活動すればいいのかを考えることで自らも成長できる。

そんなボランティア活動になります。

司会進行や、会場の準備などのイベントに携わるほか、他国のボランティア参加者もいるので、異文化交流も行えるのが特徴です。

 

講師には元日本代表選手がおり、スポーツに関する様々な楽しみも体感できるのが魅力的ですね。

教員を目指している人にも、オススメのボランティアです。

 

 

まとめ

茨城県オススメのボランティア、いかがでしたでしょうか。

活動期間が長期なものから単発のものまで、それぞれ魅力的で素敵な活動ばかりのボランティアを紹介しております。

 

ボランティアは自身を成長させ、人間性を豊かにしてくれる素晴らしい行動です。

是非一度、試しに参加してみて下さいね。

地方自治体と架け橋になるボランティアのご紹介です。地域ブランド化や地場産品の開発プロモーション 交流などのお手伝いです。

将来は田舎に帰りたい!地域を盛り上げたいと思う方はぜひ「地域おこし協力隊」に入って日本を盛り上げていきましょう。

あなたも「地域おこし協力隊」として活躍してみませんか?