キャンプ

キャンプのスープはこだわって作ろう!【オススメレシピ5選】

キャンプを楽しむ人が増えていますが、そこで楽しみなのが食事です。

キャンプと言えばカレーやバーベキューといったメニューが多いですよね。

バーベキューなどは美味しいですが、どうしても、肉が中心になってしまいがちです。

 

そんな時、スープメニューを加えれば、野菜もたっぷり摂れオススメです。

簡単でおいしくできるスープレシピをご紹介しますので、参考にしてください。

キャンプのこだわりスープレシピ【簡単でおいしいキャベツ丸ごとスープ】

ちょっと肌寒い日のキャンプメニューに、ぜひ作ってみてください!

作り方はとっても簡単で、おいしいキャベツ丸ごとスープです。

キャベツ丸ごとスープの材料

 

材料は、すぐ揃うものばかりです。

・キャベツ 1個
・ベーコンブロック 1/2本(ソーセージでもOK)
・コンソメ固形 2個
・塩、こしょう 適量
・水 1リットル

 

スープ料理でコンソメは必需品です。

かさばるほど大きくもないので、キャンプによく行かれる方は、常備しておいてもいいですね。

キャベツ丸ごとスープの作り方

 

少し下準備が必要ですが、慣れれば下準備に5分もかかりません。

キャベツの芯はくりぬき、みじん切りにしておきます。

キャベツの下には、切り込みを入れます。

 

ベーコンは約1cmの拍子切りにし、鍋で炒めます。

油が出てきたら、水を入れましょう。

 

鍋が沸騰してきたら、コンソメを入れ、溶かします。

そこに、切り込みを下にしたキャベツを入れます。

キャベツは、スープに全部浸からなくても大丈夫です。

だいたい、キャベツの半分くらいまで水分があれば良いです。

 

ふたをして弱火にし、30分から40分くらい煮ます。

かき混ぜたりする必要はなく、そのまま放っておくだけなので簡単です。

 

キャベツに竹串を刺して、スッと通るようになせば塩、こしょうで味を調え、出来上がりです。

 

キャベツがたっぷり食べられ、体も温まります。

丸々1個を煮込みますが、とても食べやすいためペロッと食べられる料理です。

 

キャンプのこだわりスープレシピ【玉ねぎ丸ごとスープ】

もう一つ、丸ごと野菜スープレシピをご紹介します。

玉ねぎ丸ごとスープの材料

 

こちらも揃えるものは少なめです。

・玉ねぎ 人数分
・固形コンソメ 人数分
・水 1人分500cc
・こしょう、パセリのみじん切り 適量

 

水に関しては、玉ねぎの量によって少し調整してみてください。

パセリをのせる事で、見栄えも良くなります。

 

玉ねぎ丸ごとスープの作り方

 

作り方はとても簡単なので、寒い日に作ってみてください。

①玉ねぎの皮をむき、底の根はくり抜きます。

②鍋に水と玉ねぎ、コンソメを入れます。

③落とし蓋をして、中火で約30分煮込みます。

④玉ねぎが軟らかくなったら、スープの味をみて、味が薄かったらもう少し煮込みます。

⑤仕上げに、こしょうを振って皿に盛り、お好みでパセリのみじん切りを乗せれば完成です。

 

玉ねぎの甘味が、とてもおいしいスープです。

新玉ねぎの季節であれば、新玉ねぎで作るとさらにトロトロで甘く、おいしいです。

 

 

キャンプのこだわりスープレシピ【子どもにも人気のミネストローネ】

子どもにも大人気の、トマト味のスープをご紹介します。

ミネストローネの材料(4人分)

 

ミネストローネと言えばトマトですよね。

生でなくても、缶詰でもおいしく作ることができます。

・じゃがいも 1個
・にんじん 1/2本
・玉ねぎ 1/2個
・キャベツ 2枚
・にんにく(チューブのものでも可)
・ホールトマト缶 200g
・水 900cc
・固形コンソメ 3個
・塩、こしょう、オリーブオイル 少々

 

「にんにくが入ってるからにおいが気になる」、という方もいるかもしれませんが、気になるほどの量ではないので安心してください。

にんにくパワーで、キャンプ疲れを癒してくれます。

 

ミネストローネの作り方

 

少し難しいイメージがあるかもしれませんが、実はとっても簡単です。

①野菜(じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、キャベツは1cm角に切ります。

②鍋ににんにく、オリーブオイルを入れ、香りが立ってきたら野菜を炒めます。

③野菜がしんなりしてきたら、ホールトマトをつぶしながら入れ、水とコンソメを加えます。

④中火で10分くらい煮て、塩、こしょうで味を調えて出来上がりです。

 

材料は4人分ですが、人数やお好みによって加減してください。

いろんな野菜が入っているので、体によく、冷えた体を芯から暖めてくれます。

キャンプのこだわりスープレシピ【大人も子どもも大好き!クラムチャウダー】

貝のうまみがたっぷり出た、おいしいスープです。

大人も子どもも大好きな味です。

 

クラムチャウダーの材料(4人分)

 

貝がメインのクラムチャウダー。

キャンプで食べると、ひときわおいしく感じることができます。

・殻付きアサリ 350g~400g
・玉ねぎ 1/2個
・にんじん 1/3本
・じゃがいも 1個
・ベーコン 2枚
・小麦粉 大さじ2杯
・バター 大さじ2杯
・牛乳 200cc
・水 400cc
・固形コンソメ 1個
・塩、こしょう 少々

 

少し材料の種類が増えてしまいますが、家以外でクラムチャウダーを作ることってあまりないと思うので、チャレンジするのもいいかもしれません。

クラムチャウダーの作り方

 

山で海の素材を食べる。

こんな贅沢なことはないと思います。

アサリは前もって下準備しておくと、スムーズに調理することができます。

アサリは、砂出しして洗っておきます。

 

鍋に水とアサリを入れ、火にかけます。

アサリが開いたら取り出し、ゆで汁は濾して置いておきます。

アサリは、殻から外しておきましょう。

 

玉ねぎは色紙切り、ベーコンは1cm角、にんじん、じゃがいもはいちょう切り(角切りでもOKです)にします。

 

鍋にバターを溶かして玉ねぎ、ベーコン、にんじん、じゃがいもを炒めます。

しんなりしたら、小麦粉を加え、水を少しずつ入れて溶きのばします。

コンソメも、ここで入れましょう。

 

アサリのゆで汁を入れ、野菜がやわらかくなるまで煮ます。

牛乳、アサリの身を加え、塩コショウで味を調えて完成です。

 

朝ごはんにもぴったりなスープです。

食べる時に、クラッカーを砕いてスープに入れても良いです。

 

バターを入れることにより、スープにコクが出てとてもおいしくなります。

女性の方に人気のスープです。

 

キャンプのこだわりスープレシピ【超簡単でおいしい豚汁】

和風スープも、キャンプで作るとおいしいです。

豚汁の材料

 

日本のスープと言えば味噌汁ですが、ちょっと贅沢をしたい時にオススメなのが豚汁です。

・豚肉薄切り 適量
・だし入りみそ 適量
・にんじん、大根、ごぼう、サトイモ

 

具などはお好きな物を用意しましょう。

豚肉を多めに入れれば、ぜいたくな豚汁も作れちゃいます。

豚汁の作り方

 

キャンプ前日から準備をして食べる、スープの味はまた格別です。

①キャンプの前日までに、豚肉を適当な大きさに切り、みそを揉みこんで冷凍しておきます。

②キャンプ当日、具材を炒め、水を入れ煮立ったところに、持参したみそで漬け込んだ豚肉を入れるだけです。

③味を見て、薄ければみそを足して調整すれば、簡単に豚汁が出来上がります。もし濃い場合は、水を入れて調整しましょう。

 

野菜も前日に下ごしらえしておけば、もっと短時間で作れます。

下ごしらえすることにより、深みのました豚汁を味わうことができます。

 

まとめ

キャンプでのスープレシピ、5つをご紹介しました。

キャンプでは、どうしても肉中心のメニューになってしまいがちなので、スープレシピをいくつか覚えておくと便利です。

食材の野菜にこだわるとか、煮込み時間にこだわるなど、自分なりのこだわりのスープメニューを持っておきましょう。

キャンプ場でさっと作れば、皆から注目され、人気メニューになることでしょう。

冬のアウトドアや釣りには必需品!まだダウンジャケットを着てるの?今年からは【充電式ヒーター付きベスト】が熱い!手袋やくつ下まであり、一度使ったらやみつきです。

充電式電熱ヒーター付きベスト「ぬくさに首ったけ」