ボランティア

病院ボランティアとは?【医療の現場で働きたい人必見】

人生で一度はお世話になることのある病院ですが、そんな病院でもボランティアがあるのを知っていますか?

意外に病院内でボランティア職員が、働いている事を知っている人は少ないです。

この記事は将来、看護師さんやお医者さんになりたいと思っている人や、病院でのボランティアに興味がある人に役立つ情報になっています。

ぜひ参考にしてみてください。

病院ボランティアとは?

病院ボランティアとは医者や看護師、病院で働いている人と協力して給料を貰わず、無償で働く人とたちのことを指します。

外来の患者で受付で困っている方に声をかけてサポートしたり、車いすで来られた方で付き添いがなく大変な思いをされている方を誘導する・押してあげるなど間接的にサポートしてあげます。

入院している患者さんはもちろん、外来で来られた方、障害のある方や高齢の方、子供たちなど全体的な補助を行います。

医者や看護師のように医療行為はできませんが、資格を持っていなくてもできることは病院内にたくさんあります。

そのような多くの活動を影から支えている存在です。大学病院をはじめ、たくさんの医療機関で導入がされていたり、検討されています。

 

気軽に始めやすい治験ボランティアのご紹介です。自分と関わりがないかも知れない未来の人間の役に立てるボランティアです。

治験ボランティア【シスモール】

病院ボランティアの活動内容は?

・包帯やガーゼ、タオル、寝室のシーツのおりたたみ

・物品の補充や医療器具の拭き掃除等の手入れ

・病室のベッドまわりの片づけや整頓

・外来でいらっしゃる方の様々な質問に対する応対

・入院されてくる患者さんの荷物の運搬や搬入

・入院されている患者の受診や検査への付き添い

医師の資格者ではないので医療行為はできません。

しかし医療行為以外のことで、入院されている患者さんは勿論のこと、外来での患者さんへの対応もしており、あまり目に届かないこともサポートしてもらっています。

病院ボランティアの歴史

歴史として、日本では50年以上も前と半世紀も前から病院ボランティアは存在しています。

一つの病院ボランティアの歴史として、1959年にアメリカの病院で病院ボランティアに出会って感銘を受けた医者が、日本でも病院ボランティアを広めようと呼びかけました。

当時はボランティアという認知度が低かったです。

しかし1974年に34病院が募り、特定非営利活動法人日本病院ボランティア協会を設立しました。

それからは多くの病院、特に大学病院を中心に広まっており現在では全国に病院ボランティアを採用する病院があります。

病院ボランティアの現状の問題点として、高齢化による人数の減少や若い方々の参加の少なさがあります。

患者のニーズにが強まっていたり活躍する場面が増えていて医療現場での期待も大きくなる一方で、無償ですから生活していくという観点から若者は参加しにくいのかもしれません。

病院ボランティアのニーズは年々増加しており、学生から募集をかけている病院も出てきています。

病院ボランティアは誰でもできる?

病院ボランティアは誰でも参加することができます

学生が参加されている病院も中にはあります。

しかし自発的に動けることが必要になってきます。

加えて、給料という形ではなく無償で働いてもらいます。

集まるのは老人の方が多く、若い者の人数が集まらず病院ボランティアの数が低迷しているのが現状です。

病院ボランティアを行なっている所をまとめてみた

 

京都大学医学部付属病院

 

京都大学医学部付属病院公式ホームページ

有名な京都大学の付属病院での病院ボランティアです。

院内の図書館のパンフレット整理や図書に関する登録や整理をする図書コーナーボランティアや、がんに対する情報を扱っている図書の整理や資料をファイリングするがん情報ボランティア、小児科でイベントを企画する小児科ボランティアなど部門に分かれて病院ボランティアがあるのが特徴です。

 

東京大学医学部附属病院

東京大学医学部附属病院公式ホームページ

日本で一番、受験合格する難易度が高いといわれている国公立大学の東京大学の附属病院です。

心が温まるようなやさしさを病院ボランティアに求めており、その名も「にこにこボランティア」と言います。

活動内容は他の病院ボランティアとあまり変わりませんが、病院の行事の一環としてコンサートがあります。

そのためそのコンサートのお手伝いもボランティアの仕事内容に入ってきます。

 

関西医科大学付属病院

関西医科大学付属病院公式ホームページ

関西医科大学付属病院の病院ボランティアの方には、約6年間で活動時間1000時間を達成された方がいて表彰をうけています。

7月に開催されるサマーコンサートや12月に開催されるクリスマスコンサートなど各種コンサートの手伝いもされています。

また病院ボランティアに加入する際はボランティア保険という保険に入ることが義務付けられています。

 

日本赤十字社医療センター

日本赤十字社医療センター公式ホームページ

日本全国にある赤十字病院でもボランティアを募集しており、採用しています。

18歳以上の方から募集をしていますので、高校生の方は参加ができません。

外国人の患者さんの相手をすることがあります。

またハーブガーデンがあり、手入れやハーブティーのサービスなどもボランティアとしてあります。

 

東邦大学医療センター大森病院

東邦大学医療センター大森病院公式ホームページ

医療ボランティア学習という学科があり、履修条件としてボランティアに参加することになっています。

期間が2月の下旬から3月の頭までの「春休み病院ボランティア」に参加することが要件になっています。

在学生のみの募集となっており、卒業生は参加することができません。

 

まとめ

いかがでしょうか。

無償で働くことになりますので、若い方は生活のこともありなかなか参加しにくいと思います。

しかし決して無駄な経験にはならないと思います。

高齢化社会が進んでるこの日本ですが、手を差し伸べる若者が多くなることを切に願います。

地方自治体と架け橋になるボランティアのご紹介です。地域ブランド化や地場産品の開発プロモーション 交流などのお手伝いです。将来は田舎に帰りたい!地域を盛り上げたいと思う方はぜひ「地域おこし協力隊」に入って日本を盛り上げていきましょう。

あなたも「地域おこし協力隊」として活躍してみませんか?