釣り

釣り用クーラーバッグの選び方【釣り人おすすめ5選】

釣りで使うクーラーボックスってついつい釣具屋さんで適当に買ってしまいがちですよね。

釣りのクーラーボックスには2種類あり、通常のクーラーボックスと呼ばれているものと、クーラーバックと呼ばれているものがあります。

その中でも、持ち運びや柔軟性に富んでいるのが『クーラーバック』になります。

今回はその特徴とクーラーボックスとの違いなどから、オススメのクーラーバックをご紹介したいと思います。

一度、購入すると、なかなか買い換える機会がありませんので、ぜひこれから釣りを始めたいと思ってる方はぜひ参考にしてください。

まずはクーラーボックスとクーラーバックの違いを見ていきます。

 

アウトドア用品からフィッシング用品まで1つのサイトで揃うのがありがたい‥

セール商品はどこよりも安く、一流メーカーばかり多数、取り扱い中!!初心者にも優しい情報も多数発信中!初めてのキャンプギアを買いやすいサイトです。

アウトドア&スポーツ ナチュラム

クーラーバッグとクーラーボックスの比較

クーラーボックス

・材質がハードのため場所を取りますが、保冷力は非常に高いです。

・容量が大きいものが多いですが、場所をとってしまうことが多いです。

クーラーバック

・ボックス型に比べて保冷力は劣ることがあります。しかし最近のものではボックス型に大差ない保冷力を誇る商品が多く出回っています。

・生地が柔らかく軽く作られているため、クーラーボックスに比べると比較的小さいものが多いです。また何も入れてない状態では、折り畳んで持ち運びできるので便利です。

 

釣り用のクーラーバッグの選び方

釣った魚の鮮度を保つためにも1つは持っておきたいクーラーバックですが、種類が豊富なため選ぶのが難しいと思います。

基本的には大きさと保冷力を考えて選びます。

堤防で釣りをする方、小さい魚を中心に釣りをする方→20L未満の小さいサイズのクーラーバック

船で釣りをするのが中心になる方は→40L以上のクーラーバック

クーラーバックは用途によって種類が分かれているため、どれくらい釣りの熟練度があるか、釣りたい魚はどんな魚か、どこで釣りをするのかなどをあらかじめ決めてからクーラーバックを選びましょう。

またドライアイスをクーラーバックに入れる方がいらっしゃいますが、取扱説明書にも記載があるとおり、多くのクーラーバックでは生地が破損するためドライアイスの使用を禁止しています。

保冷剤でしっかりと冷やせますので説明書を守りましょう。

 

おすすめのクーラーバッグ サーモス 【ソフトクーラーREF-020】


優れた断熱技術を持っている、ステンレス製魔法瓶で有名なサーモスのクーラーバックです。

価格:2,750円(サーモスのオンラインショッピング価格)

保冷力;5層の断熱構造のため高い保冷力を持っています。

内側についているメッシュポケットに保冷剤を入れることで更に保冷効果が上がります。

収納性:500mlペットボトルを19本、2Lペットボトルでしたら6本も入る容量は約20Lとなっています。大きな収納性を誇ります。

アウトドアにキャンプ、学校の行事と様々な用途に使用することができます。

特徴;カートに固定できるように背面側にスリットがついています。両側から開くことができるダブルファスナーがついています。

 

おすすめのクーラーバッグ ロゴス ハイパー氷点下クーラー


価格:9,200円(LOGOS公式サイト、Lサイズの価格)

保冷力:別売りの「氷点下パック」を使うことでアイスクリームや氷、冷凍食品の保存もできるようになります。

収納性(容量):サイズがいくつかあり、XLサイズではペットボトル500mlを16本、更にハードタイプ氷点下パックを入れることが可能です。


特徴:名前の通り、保冷能力が高いクーラーバックです。氷点下パックを併用することによって、アイスクリームを約11時間保存が可能となっています。

 

おすすめのクーラーバッグ コールマン アルティメイトアイスクーラーII


価格:25Lは6,480円 35Lは7,480円(コールマンオンラインショッピングの価格)

保冷力:20mmの晩熱材とアルミ蒸着ライナーで他とは比べ物にならないほどの保冷力を誇ります。

収納性(容量):25Lと35Lがあり、用途によって選ぶことができます。

見た目もスタイリッシュでカッコいいデザインになっています。

特徴:洗う時にライナーが取り外せるため、丸洗いが可能です。

 

おすすめのクーラーバッグ スノーピーク ソフトクーラー18 FP118


価格:9,500円(スノーピーク公式サイトでの価格)

保冷力:アルミコーティングエアシェル内装材を断熱材として使用していて、冷機は内部に熱は外部に跳ね返す構造になっています。構成されている素材が厳選されているため、熱や衝撃に非常に強いです。

収納性(容量):18Lと大容量ですが、38Lのものも売られています。

特徴:550mLのペットボトルが15本収納することができます。

超音波溶着が施されていて溶接部から水が漏れる心配がありません。

クーラーバックとして使用する以外にカメラやAV機器を入れて持ち運びするのにも適しています。

 

おすすめのクーラーバッグ キャプテンスタッグ デリス シルバーソフトクーラーバッグ6L/M-1850


価格:1,700円(キャプテンスタッグ公式サイトでの価格)

保冷力:アイスだと3時間から4時間くらいは持ち運び可能

収納性(容量): 6Lを紹介していますが、上は35Lまで販売されています。

利便性:マジックテープのベルトが収納に非常に便利です。

安価でちょっとそこまでピクニックなどにも使えます。

特徴:アウトドアやキャンプにはもちろん使えますが、普段のショッピングにも使える利便性があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

クーラーボックスと違い、紹介させていただいた商品すべてが折りたたむことで持ち運びや収納が便利なものになっています。

保冷力もクーラーボックスに負けない商品もありました。

釣りを楽しむ分には大容量を選ばず、保冷力を重視して選ぶといいです。

楽しい釣りライフにするためにもクーラーバックを一つ持っておきましょう。

冬のアウトドアや釣りには必需品!まだダウンジャケットを着てるの?今年からは【充電式ヒーター付きベスト】が熱い!手袋やくつ下まであり、一度使ったらやみつきです。

10秒で衝撃の暖かさ!
充電式電熱ヒーター付きベスト「ぬくさに首ったけ」