キャンプ

キャンプの暑さ対策は完璧?【必見!暑さによる怖い症状】

夏のレジャーといえば、家族連れでもソロでも楽しめるキャンプが有名ですが、夏はなにより暑さが問題です。

時として暑さが命に関わることもあり、対策は必須になります。

そこでこの記事では、快適に過ごすことのできるキャンプの暑さ対策をご紹介いたします。

 

暑さが引き起こす体の症状

暑さが引き起こす症状として主なものが「熱中症」と「夏バテ」です。それぞれの症状を解説していきます。

 

【熱中症】

症状にはいくつかの段階がありますが、大変危険な症状であるため、初期の段階から対応することをオススメします。

『症状1(第1段階)』

・大量の発汗

・頭痛、吐き気、めまい、立ち眩み

・筋肉痛、痙攣

まず初期の症状として大量の汗をかきます。普段から汗をかく人は気が付きにくいです。

その後、頭痛などの自覚できる症状が出てきますが、症状の中では軽度とはいえ、熱中症を疑った方がよいです。

さらに体の痛みや、体を動かすことが難しくなり、一人の場合、誰かに助けを求めるようにしましょう。

『症状2(第2段階)』

・発熱、発汗しなくなる

・皮膚の異常

体温の調節機能に異常がでるため、体温が上昇し、正常に汗をかけなくなります。

そして熱が上がると体内の水分が少なくなるため、皮膚がカサカサになるなど異常がみられるようになります。

『症状3(第3段階)』

・意識障害

意識が朦朧とし、会話や歩行が困難になります。最も危険な状態であるため救急車を呼んでください。

 

暑さ対策 日陰の多い場所を選ぶ

日光に当たるか当たらないかで気温は大きく変わります。

キャンプ場選びからが大切になりますが、開けた場所より木陰の多い場所を選びましょう。

また、そもそもの日陰を作るため『タープ』を用意しておき、暑い時はタープの陰で過ごすようにしましょう。

日陰が大きめのオススメ【タープ】




 

暑さ対策 水を使う

単純に飲む以外の方法でも暑さ対策として水は有用です。

古くからの方法として「打ち水」が有名です。地面に撒いた水が蒸発することで辺りの気温を下げる効果があります。

他にも桶や子供用のプールに水を溜めて「足水」をして足を冷やしたり、タオルを水に濡らし足以外の場所を冷やすなど様々な用途に活かせます。

 

暑さ対策 服装に気を付ける

まず帽子は必須と言えます。強い日差しから人間の一番大切な頭部を守るために着用しましょう。

活動内容にもよりますが、通気性の良いもの、速乾性の高いものを選ぶと涼しく感じられます。

また山奥ですと、日中と夜間の気温の差が大きいため、体温調節のしやすいもの、あるいは涼しい時に冷えすぎないよう軽く羽織れるものを用意しましょう。

 

暑さ対策になるオススメ商品

・塩分チャージタブレット

塩分を補給してくれるタブレット菓子で、暑さによる熱中症の対策になります。


 

・瞬間冷却剤

冷やしてくれるカイロのようなものといったイメージです。

携帯性にもすぐれ、キャンプ以外でもスポーツの現場に用いられるほど有用です。


・冷却スプレー

非常に即効性が高く、当てた場所がすぐに冷えてくる優れものです。

こちらもまたスポーツの現場に用いられることがありますが、暑さ対策の物ですと頭部用や体用など、使用する部分によって種類が変わります。


・冷却タオル

スプレーが即効性なのに対して、冷却タオルは持続性に優れます。

キャンプ場は屋外が基本ですので、UVカット効果があるものを選ぶと良いでしょう。

また、枕に撒いて使うと寝苦しい夜も快適に過ごせます。


・USB扇風機

電源がなくても使えるハンディ型の扇風機です。

100均でも取り扱いがあり、コストパフォーマンスに優れます。

物によっては電池式の物もあり、どんな方でも扱えることが利点です。


・ウォータージャグ

持ち運べるウォーターサーバーのようなもので大量の水を貯めておくことができます。

水は暑さ対策に最も重要であるため、それを貯めておけるウォータージャグを用意しておくことも重要になります。


・クーラーボックス

飲み物から食べ物などありとあらゆる物を冷やして保管できるクーラーボックスは必ず持ち込みましょう。

仮に電源が確保できたとしても、冷蔵庫を持ち込むことは難しいため、その役割をクーラーボックスが果たします。


・スポットクーラー

電源が確保できるのであればオススメの商品になります。

屋外だと効果が薄いですが、テントの中を冷やすために用いると非常に快適なアイテムです。


・断熱遮光性のテント&タープ

拠点となるテントやタープを断熱、遮光性のものにすることで、その辺りの気温を下げます。

種類によっては虫除け効果もあるので、そのキャンプ場に適した物を選びましょう。


まとめ

暑さ対策は重要で、特に熱中症は全国で毎年死人が出るなど命に関わるものとして知られています。

気分が悪くなってからではなく、こまめな水分補給など、楽しんでいるときからも対策を意識しましょう。

もちろん命を守るためという意味合いもありますが、暑さ対策グッズは『キャンプを快適に楽しむため』に選ぶと準備の段階からワクワクできます。

キャンプを元気に最大限楽しむため、涼しくすごせるグッズを揃えて臨みましょう。