釣り

釣りの種類がたくさんあって悩む?【場所別の特徴まとめ】

釣りと言えば海?川?海と川で釣り方がちがうの?

釣りを始めたいけど「どこに行けばいいの?」という方や「どんな釣りの種類があるの?」という方は多いです。

そこでこの記事では釣り場所毎に釣り方の種類をまとめました。

・海釣りの種類

・川釣りの種類

・湖畔釣りの種類

 

の順番にご紹介していきます。

「海釣りの種類」

海釣りは最もポピュラーで釣れる魚の種類が多いです。そのため釣りの種類も豊富です。

また人が多いため、周りに十分注意して釣りを楽しむ必要があります。

・サビキ釣り

初心者向けの釣り方です。防波堤などで行ないアジやサバ、イワシといった魚が釣れます。

針が複数ついており、一度に数匹同時に釣れることもあるので、釣りを楽しみたい家族連れなどに人気です。

・ウキ釣り

釣りのイメージとして定着している釣り方です。防波堤や磯ではクロダイやマダイ、河口ではスズキといった釣れたら嬉しい魚が狙えます。

釣れるポイントが多いので地元の事情を知っている近くの釣具屋さんにおススメを聞くことが大事です。

・投げ釣り

投げ釣りは砂浜や堤防から仕掛けを遠くへ飛ばす釣り方です。主にキスやカレイといった海の深くに住む魚を狙います。

ウキ釣りやサビキ釣りといった初心者向けの釣り方とは違い、深くにある海藻や岩などに引っかかる『根がかり』というトラブルが問題で

慣れるまでは魚が釣れる回数より、根がかりしてしまう回数が多くなることがほとんどです。

・船釣り

色々な方に協力してもらう必要はありますが、海釣りを堪能できる釣り方です。

船酔い対策も必要で、料金的な面でも敷居は高いですが、船長さんが経験からくる知識を活かし、その日にたくさん釣れる方法をレクチャーしてくれます。

「川釣りの種類」

川釣りは上流・中流・下流といったその川の場所で釣れる魚が変わります。

ルアーフィッシングやフライフィッシングといった釣り方がありますが、初心者の内は餌釣りがおススメです。

・上流域

その場所に行くまでが少しハードルが高いです。イワナやヤマメ、アマゴといった魚が釣れます。

雨など天気が荒れると、増水などの危険があるため事前のリサーチは必須になります。

しかしながら、上流部は自然に囲まれていることが多く、綺麗な空気の中で釣りを楽しむことができます。

・中流域

管理場であったり、釣りをするために許可が必要な場合がありますので事前によく調べてから行きましょう。

鮎やフナ、オイカワといった魚が釣れ、川釣りを十分に楽しめる場所です。

・下流域~河口

下流域~河口まで来ると海釣りに近くなり、川釣りの中でも釣れる魚の種類が増えます。

川釣りの中でも人気で初心者にもおススメなのがハゼ釣りです。流れがゆったりとしていて、平坦な場所であればハゼ釣りが見込めます。

「湖畔釣り」

あまり聞きなじみのない釣り方です。しかし釣りの先輩など協力してくれる人がいれば初心者でも楽しめます。

・レイクトローリング

『トローリング』とは船を用いた釣り方で、船に固定した竿からルアーを垂らし、巡航させ魚を釣り上げます。

レイクトローリングはマス全般が釣れる釣り方です。日本国内だと限られた場所でしか行えないため、事前の準備が必要になってきます。

・ブラックバス釣り

湖畔釣りの中でも最もメジャーな釣りで『バス釣り』とも呼ばれます。大会も開かれるほど盛んで、ダム湖など各地で楽しむことができます。

湖には必ずどこかから水が流れて入ってくる場所があり、そこは酸素やエサが豊富なためブラックバスが集まってきます。

また障害物の陰に潜む性質も持っているため、ダム湖の場合、立木などの障害物付近を狙えば釣果が見込め、バス釣りを楽しむことができます。

・ワカサギ釣り

凍った湖に穴を開け釣りをしているシーンを映画などでみたことありませんか?あれはワカサギ釣りで、大体11月以降の寒い時期になると釣れます。

必ずしも凍った湖である必要はありません。しかしながら寒い季節に行なうことになりますので防寒などに気を付けなければかなり体力を使います。

また、ボートを用いることが多いため船酔いなどの対策も必要です。

「まとめ」

初心者に一番おススメなのは海釣りのサビキ釣りです。

手軽で尚且つ簡単に釣ることができるので大人から子供まで楽しむことができます。

初心者が陥りやすいミスとして「危ないから人の少ない所でやろう」と考え、静かな場所で釣りをする方がいます。

この考えが間違いな理由は『釣り人が多い場所は魚が釣れる場所』だからです。

釣りは全国各地の水辺で行なうことができ、ファンの多い趣味でもあります。その為、魚がよく釣れる場所というのは釣り人たちに共有されており

そこに釣り人たちが集まって来るのです。

確かに周りの方たちに配慮は必要ですが、初心者だからといって遠慮することなく、多くの釣り人たちで賑わう場所で釣りを始めることがおススメです。

最後に、もし「この場所で、この釣り方で釣りをしたい」と思っていただいたのであれば、近くの釣具屋さんにアドバイスを求めると良いです。

なぜなら釣具屋さんは、地元の釣り場所に関して最も情報が集まって来る場所であり、初心者にも優しく情報を提供してくれるからです。

 

アウトドア用品からフィッシング用品まで1つのサイトで揃うのがありがたい‥

セール商品はどこよりも安く、一流メーカーばかり多数、取り扱い中!!初心者にも優しい情報も多数発信中!初めてのキャンプギアを買いやすいサイトです。