車が揺れる?【揺れる原因と対処法】

走行中に車が揺れるとかなり不快ですし、怖いと思います。

運転中の揺れはハンドル操作に支障が出ますし、運転者の集中力も削ってしまいます。

車が揺れる原因はたくさんありますが、今回は一般的な揺れの原因と、揺れを起こさない為に日常的に気をつける部分を紹介していきます。

ホイールバランスが悪い場合の対処法(タイヤ専門店でバランスをとってもらう)

知らない方も多いかと思いますが、車のタイヤは上下左右で重さの違いがあります。

違いの幅というのは人が体感できるほどではありません。

しかし、車に付いているタイヤは物凄い速度で回転しています。

ちょっとした誤差で、揺れの原因になったりトラブルの原因になってしまいます。

一般的にホイールにタイヤを取り付ける際、バランス調整という作業を必ず行います。

この作業では上下左右の重さの違いを均等にするという作業です。

専門の機械を使い、バランスウエイトと言うものを取り付けバランスを取るのですが、長年同じタイヤを使っていると稀にバランスウエイトが外れてしまう事があります。

バランスウエイトが外れても問題なくタイヤは回ります。

以前は感じなかったが、最近車の揺れを感じるという方はバランスウエイトが外れてしまっているという事も考えられます。

そういった場合はタイヤショップや、バランス調整をしてくれるカーショップに行き、バランス調整をお願いしましょう。

 

補足ですが車のタイヤがパンクしているのに気づかない方も多いです。

パンクと言っても一気に空気が抜ける症状ばかりではなく、釘などを踏んでしまった場合釘は刺さったままなので少しづつ空気が漏れていきます。

そうすると、4本のタイヤの内1本だけ空気圧が下がり車体が斜めになっているような違和感を感じるようになってきます。

タイヤのメンテナンスでは、バランスだけではなく空気圧も定期的に確認する事が大事です。

ノッキングの対処法(エンジンに添加剤を入れる)

まずノッキングとはどういう事かを説明します。

名前の由来は扉をコツコツと叩く事からきています。

症状としてはエンジンから聞こえる「カンカン」というような異音の事です。

ノッキングと一言に言っても様々な種類や原因がありますが、1番分かりやすい例としてミッション車を運転している際、ギアを間違えた時などにガクガクしたことありませんか?

この現象も実はノッキングに該当します。

それ以外にも、エンジン内にあるピストンがなんらかの異常で正常に動いてない場合などもノッキング現象が起こります。

ノッキングには音と共に振動が加わる事もあり、常に振動が大きい場合は早急に修理が必要です。

適正な運転でノッキングが発生しなくなる場合は良いのですが、エンジントラブルによるノッキングが起こるとエンジンオーバーホールをしないと直らないなんてこともあり、そうなってしまうと高額な修理代がかかってきます。

そうない為にも、日常的にエンジンを綺麗に保つメンテナンスが必要だと言えます。

しかし、エンジン内部は見ることすらも難しい場所です。

そんな場所のメンテナンスなんて無理だと思うかも知れません。

安心してください。

とても簡単で効果的な方法をご紹介します。

エンジンを綺麗に保つ方法として1番オススメなのは、添加剤を定期的に入れてあげること。

色んな添加剤があると思いますが、一般的にオイル添加剤燃料添加剤とがあります。

 

オイル添加剤

オイル添加剤とは、エンジンの中に入っているピストンの周りに膜を作り、金属同士のが直接ぶつかり摩耗するのを防ぐ効果があります。

 

燃料添加剤

燃料添加剤は燃料に直接入れる為、燃焼室の掃除ができます。

また燃料の通る道をキレイにするという効果もあります。

 

その他にもエンジンオイルをこまめに交換する事も、大切なメンテナンスの一つです。

添加剤自体の値段はそんなに高くなく、安いものなら1000円程度、高くても3000円ほどの商品がたくさんあります。

エンジンが壊れてしまうリスクを考えたら、すこし出費がありますがお手軽なメンテナンスです。

朝1番に起こる振動の対処法(暖機運転)

エンジンがまだ温まってない状態、つまり朝などにエンジンをかける際回転数が不安定になる場合があります。

特に冬の寒い時期などはガソリンが燃えづらい為、回転数が不安定になり揺れにつながる場合があります。

その場合は異常ではないので、少し暖機運転してあげましょう。

エンジンを温めてやると自然に揺れは無くなります。

特にディーゼルエンジンに多い症状です。

最近はエンジン技術がかなり進歩しているので、暖機運転は必要ないと言われていますが燃費の面でも少し暖機運転をしてあげる事をお勧めします。

まとめ

今回は車の揺れについて書いていきましたが、今回書いたのは原因の一部でしかありません。

この他にもタイヤを取り付けているサスペンション部分のトラブルショックのトラブル、ブーツ類のトラブルなどもあります。

そして車の揺れと言っても簡単に原因を突き止められるものばかりではありません。

一番良いのはその症状が起きているときに、整備工場などで見てもらう事です。

しかし、あなたの車のことは毎日愛車に乗っているあなたが1番詳しいです。

「今日はいつもより揺れが大きい気がする。気のせいかなあ」って思った事がある方もいるでしょう。

覚えていて欲しいのは少しいつもと違うなと感じる事があれば、気のせいではないと言うことです。

気のせいかなと放って置かずに、早めに対処して下さい。

そうする事によって事故を未然に防ぐことにもつながります。

 

今回紹介したメンテナンス方法はとても簡単なものばかりです。

休みの日など時間がある時でいいので車のために時間を使ってあげるのも、たまには良いのではないでしょうか。

 

月々2万円で新型のヴェルファイア、アルファードに乗れる!車検 税金 込みでこの価格!外車も多数取り扱いのあるオートリースです。2台目を買おうかと考えている方にもオススメです。