ボランティア

ボランティアを通して学んだ事【就活や面接で役立つ】

皆さんはボランティア活動に参加したことはありますか?

またその活動を通して学んだことは何でしょうか?

せっかくのボランティア活動、なんとなく終わらせてしまったらもったいないですよね。

そこで今回は様々なボランティア活動を通して学んだことについて紹介していきます。

就活や面接にも役立つこと間違いなしです!

清掃・ゴミ拾いのボランティアを通して学んだこと

何よりも、周りの人が喜んでくれていることを感じられるボランティアです。

身近な街をきれいにすることによって、自分がこの地域の人や地域そのものの役に立っているという感覚が強く得られ、様々なことへのモチベーションに繋がります

一見些細な行為に見えますが、その小さな行いでも社会の役に立つことができるのだと実感できます。

ゴミは想像以上に存在し、その多くが人間がポイ捨てしたたばこやペットボトルなどであることがわかります。

自分たちが何気なく捨てたものが自分たちの街を汚している実感がわき日々の暮らしに反省のきっかけを与えるでしょう。

また老若男女様々な人が参加するボランティアなので普段接する機会のない人とコミュニケーションをとることのできるボランティア活動です。

隣人の顔もわからないことが多々あるこの現代で、地域の人々と関わりを深められる重要な経験となります。

ゴミ拾いを通して学んだ事

・街に意外にゴミが多いことを知れる

・コミニケーションを取ることができる。

・社会の役に立てる

 

地方自治体と架け橋になるボランティアのご紹介です。地域ブランド化や地場産品の開発プロモーション 交流などのお手伝いです。

将来は田舎に帰りたい!地域を盛り上げたいと思う方はぜひ「地域おこし協力隊」に入って日本を盛り上げていきましょう。



イベントスタッフのボランティアを通して学んだこと

音楽イベントやコンサート、フェスの設営スタッフとしてボランティアに参加した場合、そのイベントがどのようにして運営されているのかを間近で見ることになるでしょう。

普段お客さん、来場者として楽しんでいるイベントの裏でどんなことが行われているのかを知る貴重な機会です。

ひとつのイベントに多くの人が関わっているのかがわかります。

スケジュールの進行や当日のタイムテーブルを管理したり、安全面の確保や防犯の面はどのように対策されているのか。

人々の協力なしに成り立たないものであると理解できます。

こうしたボランティア活動では、大人数でひとつのものを作り上げることの大変さや成功した時の達成感を学べます。

これは、就職して会社に勤めた際、チームでひとつのプロジェクトを仲間と成功させるときに役に立つ経験になります。

また、たくさんの人と関わる活動なので一度にいろんなことを判断するスキルも身に付きます。

イベントスタッフのボランティアで学んだこと

・安全 防犯面の対策

・プロジェクトの成功

・判断スキル

学習支援ボランティアを通して学んだこと

小学校などの授業でアシスタントとして生徒に勉強を教えるボランティア活動では、教えることの難しさを痛感することでしょう。

生徒の立場に立ってわかりやすい言葉を選んだりどこがわからないのかと上手く聞き出すことは、わかっていても案外難しいものです。

その分自分の解説で生徒が理解を示してくれたり、できなかった問題を答えられるようになったときには喜びと達成感を覚えることでしょう。

会話をしたり休み時間にコミュニケーションをとったりと、勉強以外にもすべきことは多いです。

将来学校の先生になりたいと考えている人以外でも、広い視野をもって相手の立場になって考え、積極的に行動していくことが大切であると学ぶことができます。

周りの様子に気を配り、ひとりひとりが何を考えているのかを推測しその意図を汲み取る力をつけることができます。

周囲の人間との円滑なコミュニケーションをはかるためには必要不可欠なスキルです。

学習支援ボランティアで学んだこと

・教えることの難しさ

・コミニケーションスキル

・思いやり

まとめ

いかがでしたか?

今回はボランティア活動を通して学べること、それを何に活かしていけるかという点についてご紹介しました。

その活動の種類によって、自分の普段の行動を省みる機会になることもあれば、コミュニケーション能力が鍛えられたり、知識が深まったり、いろいろな自分の可能性を伸ばすことができるのです。

近年では、国内外で様々なボランティア活動がメディアでも大々的に取り上げられ、周知されてきています。

その影響もあってか、ボランティア活動に関わる経験は就職活動の面接の際にも聞かれることがしばしばあります。

大切なのはいかに自分自身のけいけんを正確に具体的に面接官に伝えられるかです。

一生懸命取り組んだボランティアを効果的に伝えられるように「何を学んだのか」、「この経験は今後どのように活きてくるのか」ということをしっかりと意識していきましょう。

気軽に始めやすい治験ボランティアのご紹介です。自分と関わりがないかも知れない未来の人間の役に立てるボランティアです。